FC2ブログ


   耕す場所

   耕す畑がなければココロを耕そう。
  >> ホーム
  >> RSS
nanoscribe
Author:nanoscribe


境界領域に興味津々・・・・・学問と芸術、科学と精神世界、物質と精神、自然とテクノロジー、都市と農村などなど様々な境界を眺めてみたい。





カテゴリ
たましい(29)
てくのろじ(5)
里山の日々(9)
陰⇔陽(16)
未分類(3)
過去の記事
2006月11月 (2)
2006月10月 (2)
2006月09月 (1)
2006月01月 (1)
2005月12月 (1)
2005月11月 (2)
2005月10月 (3)
2005月09月 (3)
2005月08月 (3)
2005月07月 (2)
2005月06月 (6)
2005月04月 (7)
2005月03月 (1)
2005月02月 (9)
2005月01月 (13)
2004月12月 (6)
リンク
瓦版CARAVAN
みなとん里だより~山下惣一
アメリカン・カルチャーを知る  英語講座
食卓の向こう側
いなごBLOG
Natural Smile
ワタシと東京
David Byrne
キッチンからエコライフ
灰皿町みっちり8番 雑記録

・ワタシの生業
 竹炭工房 和仁
 ダンボールコンポスト

・薪ストーブ屋さん
 DLD Inc.


管理者ページ
サイト内検索
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
(--/--/--(--) --:--)

  喰い物と心 ~ 次の世代は?
前回に引き続き、食卓の向こう側のリポートです。

「水俣で有機水銀の被害が最も少なかったのは・・・



幼児期
青年期
壮年期
老齢期
その他


どれでしょうか?」

会場のほとんどの人は ”老齢期” という答えを用意していたはずです。僕もそうでした。恐らく、”加齢と共にガンの進行が遅い”というようなものから推測していたのだろうと思います。

答えは”その他”で、妊婦さん。
実はそれと反対に、妊婦さんの有機水銀はその赤ちゃんに移行していたのでした。

当時は「胎盤はバリアーのようなもので、赤ちゃんはお母さんの体内の毒素から守られている。」という常識が医学会に存在していましたが、皮肉にも水俣病でその定説が覆ったわけです。

科学の常識なんて、このくらい脆いものです。

これは、PCB・ダイオキシン・DDTといった環境ホルモンといわれる化学物質も同様です。へその緒を通じてこれらの物質が検出され、次の世代に移行している事がわかってきました。

ヒトの受精卵が8週間ほどすると、ほとんどの臓器が出来上がります。もしもこの時期にこんな物質に曝されていたとしたら、健全な発育が望めるだろうか?恐らく生理的な影響とともに、行動の異常さえも引き起こす可能性すら否定できないでしょう。

------------------

「ペットボトル入りのジュースにはどれくらいの砂糖が入っているでしょうか?」

たしか・・・1割。500mlだから、50g?

「コーヒーに入れるスティックシュガーが2.5gです。」

ということは?  なんと20本分ですよ。

やや少なく感じるスポーツ飲料でも半分の10本分。

「スポーツ選手にアレを飲んでいるのかと聞いてみたら、『あんなもの薄めないと飲めない。体が受付けないよ。』という返事でした。」

こんなものを水の代わりに飲んでいたら体がおかしくなるのは、もっともな話です。血糖値が急に上がったり下がったりするわけですから、可愛いわが子に飲ませれば、子供の糖尿病が出来上がりです。
そして、絶えず飲んでいないと”考えるだけの栄養”が脳にいかなくなる=思考低下・キレる・精神的に落ち込む なんていうことすら関連がありそうです。

------------------
昔のことを思い出しました。///行動とホルモンバランス///

学生時代にイモムシに昆虫のホルモン(または類似のもの)を投与する実験をしたことがあります。そこでわかったのは、体内のホルモンのバランスが崩れると、イモムシの行動に異常が生じる という結論でした。

イモムシは脱皮・サナギに変わる・成虫に羽化するというプロセスを経ますが、人為的な投与をすると、こういったプロセスが激変します。早く大人になったり、逆にずっと大人になれなかったり・・・・。投与する時期によっても”感受性”が違います。

その学生時代の数年後に”環境ホルモン”という新たな発見・問題が出てきました。あの実験と同じことがヒトにも起きている、しかも、それは研究室の実験のように、投与したり注射をするといった特別な行為ではなくて、食べたり飲んだりするといったごく日常的な我々の生活の中で、静かに実験が行われているという現実を知った訳です。

------------------
食べ物の中の残留農薬・食品添加物・硝酸態窒素などなど、同じ『一食』が大人と子供あるいは妊婦さんでは全く違うという理解が必要です。
子供や胎児はこれから体やココロが”今から”作られる段階なので、完全に出来上がった大人とは”感受性”が違います。
それらの化合物に曝されることを『被曝』と言った方がわかりやすいでしょうか? (もう少し『被曝』の意味を拡大すると、本来は自然界に存在しない音・光・振動といった波動さえも含まれます。)


講演が終わったあと、演者の方と少し話す時間がありました。
『若い世代、特にこれから次の世代を生み育てる人に話を聞いて欲しいですね。なかなか難しいけど。』
『しかし現状を認識した上で、どのように行動すれば良いかがわかれば、決して未来は暗いわけじゃない。そしてその答えは土(農業)にしかないでしょうね』


現在の我々を取り巻く環境は、終戦直後とは激変して、自然界に存在しない物質で溢れかえっています。その現実を”難しい・知らなかった で済ませるには手遅れ”だという認識は必要です。自分にはそのつもりがなくても、次の世代がとても大変で苦しい思いをするリスクはきわめて高いです。


昨日のNHKクローズアップ現代を聞いていて(ラジオで)、子供に喰わせる食事があまりにも酷い現実を知りました。
親が”子供の好きなものだけ”与えるのだから、ロクなものはないですな。
コンビニのおにぎり・スナック菓子・唐揚げ・野菜ジュース。
え? 料理しないの?

若年性糖尿病が10歳で5人に1人?だったか・・・10年後、この国の健康保険制度はどうなる?
スポンサーサイト
たましい | トラックバック:0 | コメント:5
(2005/12/01(木) 17:03)

<<生まれ変わる | ホーム | 日本の食は?>>

コメント
  追加
講演の中で・・・
燃焼系~♪ で踊っている人は、踊っているんじゃなくて”踊らされて”いるんです。という話が笑えました。それを見て”燃焼するんじゃないか?”と思って飲む人も、同様に踊らされているんですねー。
踊らされちゃった方はここをどうぞ。
http://www.ultracyzo.com/newssource/0311/01.html

URL | nano #- | 2005/12/01(木) 17:39 [ 編集 ]

  やっぱり・・
食べ物と身体は大切な関係なのだと実感します。あまり窮屈になってもいけないけど、少なくとも炭酸飲料を小さなうちから飲ますのは、味覚障害と精神障害の原点かもね。

私はディサービスの仕事をしていますが、複雑な心境の毎日です。まがいもののプログラムに乗せられてる お年寄りを見てると この日本と言う国の縮図を見ている感じがします。 行き場がなくてディサービスには来てるけど 幸せそうには感じない。 楽しそうに を演じさせられているようで 辛くなります。

少しでも休ませてあげたいな~と日々感じています。
URL | asimo #uKKDfJG2 | 2005/12/07(水) 23:21 [ 編集 ]

  Re:やっぱり
こんばんは。
飲料も程度の問題で、食事のたびに水の代わりになんて家庭もあるらしいですから・・。うちの怪獣にもたまに与えると、チョッとしたことで怒ったり泣いたりするので、砂糖の持つ奇妙なエネルギーとヒトの感情は無関係ではないと思います。

そうかぁ、ディサービスの仕事をしているんですね。僕のカミさんはこの前ヘルパーの資格を取りましたが、やはり複雑な心境のようです。システム・家族・保険制度・組織の営利の問題などなど問題が多いですね。
そもそもお年寄りが元気なら、それほど複雑な問題にならなかったのかもしれませんが。
ヒトが幸せに齢を重ねるのに必要な条件って何でしょうね?
URL | nano #- | 2005/12/08(木) 21:49 [ 編集 ]

  あけまして
おめでとうございます。
昨年はnanoさんのおかげで新しいチャレンジができました。
またたくさん教えて下さいね。よろしくお願いします。
URL | bali #MEc8d.eI | 2006/01/01(日) 04:48 [ 編集 ]

  Re:あけまして
どうもおめでとうございます。すっかり返事が遅くなってしまいスイマセン。こちらこそ、いろいろ教えてください。今年もどうぞよろしくお願いします。
URL | nano #- | 2006/01/11(水) 06:37 [ 編集 ]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://nanoscribe.blog2.fc2.com/tb.php/57-3daaf1be


最近のエントリー

ツキを呼ぶ(11/29)
野生の肉を喰らふ(11/07)
炭の魔法(10/29)
想像(10/11)
今、とっても気になるもの(09/30)
生まれ変わる(01/11)
喰い物と心 ~ 次の世代は?(12/01)
日本の食は?(11/26)
蕎麦の収穫(11/22)
『スローフード』の先にあるものは(10/23)


最近のコメント

bali:Fukuoka CLASS(02/02)
nano:ツキもですが・・(11/29)
nano:ちゅりさんへ(11/09)
ちゅり:たぶん(11/09)
nano:わかりました?(11/08)
ちゅり:あのお方ですね!(11/08)
nano:ホント。(11/08)
空魚:おらした、おらした。(11/08)
nano:話しことばなので、(11/08)
nano:Re:月(10/05)


最近のトラックバック

粉をたくさん集めました:小麦粉を攻める(06/23)
占い辞典:太陰暦[占い辞典](03/18)
自分探しの心の旅:正義は勝つ?(11/12)
環境、防災研究所:環境ブログ トラックバック リンク集(10/20)
瓦版CARAVAN:バベルの妖怪、その4(10/17)


blogpeople
List Me! by BlogPeople
Copyright © 2004 耕す場所. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。