FC2ブログ


   耕す場所

   耕す畑がなければココロを耕そう。
  >> ホーム
  >> RSS
nanoscribe
Author:nanoscribe


境界領域に興味津々・・・・・学問と芸術、科学と精神世界、物質と精神、自然とテクノロジー、都市と農村などなど様々な境界を眺めてみたい。





カテゴリ
たましい(29)
てくのろじ(5)
里山の日々(9)
陰⇔陽(16)
未分類(3)
過去の記事
2006月11月 (2)
2006月10月 (2)
2006月09月 (1)
2006月01月 (1)
2005月12月 (1)
2005月11月 (2)
2005月10月 (3)
2005月09月 (3)
2005月08月 (3)
2005月07月 (2)
2005月06月 (6)
2005月04月 (7)
2005月03月 (1)
2005月02月 (9)
2005月01月 (13)
2004月12月 (6)
リンク
瓦版CARAVAN
みなとん里だより~山下惣一
アメリカン・カルチャーを知る  英語講座
食卓の向こう側
いなごBLOG
Natural Smile
ワタシと東京
David Byrne
キッチンからエコライフ
灰皿町みっちり8番 雑記録

・ワタシの生業
 竹炭工房 和仁
 ダンボールコンポスト

・薪ストーブ屋さん
 DLD Inc.


管理者ページ
サイト内検索
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
(--/--/--(--) --:--)

  日本の食は?
どこにあるでしょうか?  日本の味・日本の農業・ふるさとの~なんてモノ。



先週、西日本新聞の”食卓の向こう側”の講演に行ってきました。
編集部は九州圏内は出前講座を派遣しているようです。

さて、表題の質問ですが・・・う~んと考えていると、

「日本の食は現在 港にあります。」

という答えでした。

自給率40%ということは、標準的な日本人の胸から下あたりは”輸入モノで出来上がっているということと同じ”というわかりやすい説明。
悩ましい現実です。

講演は隣の市が主催する高齢者向けの講座の一環(いわゆる老人大学)で、電話で問い合わせてみると・・・一般の方の聴講は「だめ。」と断られたのを「そこを何とか!!」と食い下がって、会場に入れてもらえることになりました。しかし会場に行ってみると、お年寄りがズラリ。わかってはいましたが圧倒されました。

「高速のサービスエリアでお土産を買いました。パッケージ、こちらは『おばあちゃんのふるさとの味』こちらは『こだわりのうんぬん』と書いてあります。裏の表示を見ますと・・・『原産地 中国』つまり、おばあちゃんもこだわりも中国に”ある”ということですね。」

笑っちゃいますけど、笑えない現状です。

051126.jpg


恐るべき自給率の低さですが、食糧難と言われる北朝鮮でさえ穀物自給率は78%もある・・。

「横浜港に行きました。港にどんなものがあるかを見てきますと・・・」

フキ・ニンニク・チョロギ・なめこ・えのき・たらの芽・山椒・たけのこ・ワラビ・菜の花
何でもありますよ~♪

プラスチックの入れ物に塩漬けで入っていて、モノによっては5年ほど放置されたまま。

業者曰く「塩漬けだから、形さえあれば何とでもなるよ。塩抜き・脱色・着色して出来上がり。」

港に置いておけば、倉庫の賃貸料もかからず、旬でなくても今すぐ食べたいという”お客様のニーズ”に迅速に答えられるし、商機を見て加工会社に売りさばける と。

港に届いた「菜の花漬け」と書いた段ボール箱をトラックで運んで、”おばあちゃん”のパッケージに包まれるんでしょうか?

詳しく知りたい方は
食卓の向こう側④ ~輸入・加工 知らない世界~ をどうぞ。
実に・・・たまげるよ。
-----

普段我々が口にするパン・お菓子・そして醤油・味噌まで・・・原料は国内で自給できてないのが現状です。
小麦・大豆は穀物メジャー(商社)が握っていますから、ご飯を食べていない人は首から下は海外産と言えるでしょう。海の向こうでどうやって育ったのか素性の知れないモノを口にして生きている我々の肉体そして精神はどうなっちゃっているんでしょう?米国が意図した”骨抜き”が予定通り具体化してるんじゃないでしょうか?

ちなみに、米国での大豆の作付けは85%が遺伝子組み換えです。(除草剤をかけても枯れないというスグレモノ。大規模生産にピッタリです。)


農水省の皆様    自給率は本当にこれでいいのか?
厚生労働省の皆様  こんなので日本人の健康は維持できるのか? 

と問うてみたい。

それから、日本の検疫体制。検疫官の人数です。

米国 7000人    日本  300人


どちらが輸入量が多いでしょうか?そして、この人数でどこまでチェックが可能か想像してみてください。

検疫機関で残留農薬のチェックが出来るのは、横浜・神戸港だけ。つまり、業者の自主検査に頼っているため、ほとんど素通りというのが現状です。

そんな中で、『節約生活』とか言って、スーパーの安売りで食材を求めるのは・・・つまり、『寿命の節約』とイコールの関係にありそうだ。

次回は食べ物とヒトの成長・発育についてリポートしてみます。
スポンサーサイト
たましい | トラックバック:0 | コメント:7
(2005/11/26(土) 20:58)

<<喰い物と心 ~ 次の世代は? | ホーム | 蕎麦の収穫>>

コメント
  追加
大豆のハナシは以前の記事『種の会社が不信の種を撒く』のコメント欄に書いてました。
http://nanoscribe.blog2.fc2.com/blog-entry-15.html
豆腐・味噌・きな粉といった昔からの日本の食べ物も、原料はすでに一握りの多国籍企業に握られていると見たほうが良いのかも。
URL | nano #- | 2005/11/26(土) 23:22 [ 編集 ]

  ちわ
穀物自給率ってのは初めて見たなぁ。
28%ってことは主食で米食う人が激減しているってことですよね。
だから、さほど豊作年でもないのに
実質米価は値下がりしてるんですね。複数原料米だったら(中身はたいそう怪しいけれど)10kgで¥2500が店頭の底値で、昨年より¥200ほど安くなっています。
パン食になってるってことでしょうか?
僕なんか一年に一斤分もたべてないんじゃないかな、去年は。
多分、耐用日数実験で食べたヤマザキパンのカケラ×6ヶくらいのはずです。
(ヤマザキのバケットは常温で三ヶ月は食べられます。すごいね)
小麦アレルギーがこれほど深刻な母子被害を招いている現状で、厚生労働省は何をお考えなんでしょうね。やっぱり「キセイカンワ」オンリーかしら。
みんな、米食おうよ。
URL | 空魚 #- | 2005/11/28(月) 20:26 [ 編集 ]

  どうもです
実は数字の出所が何処なのか、良くわからなくて農水省のHPで調べてみたんですが、米では95%なので・・・

小麦 14%
大豆 3%

などなどを含めた穀物全体(飼料穀物も。)の自給率を言っているのだと思います。
なので、米に関しては主食の座は譲っていないにしても、以前に比べたら消費量はかなり減っているはずです。
http://www.maff.go.jp/jikyuuritsu/kuwashiku3.html

米を輸入する際には、砂糖などの一定量の混ぜ物をすると、米としての関税が掛からないそうなので、実はもっと沢山の米が入っているんじゃないかな?

3ヶ月食べられるパンはとっても不自然ですね~。何が入っているんでしょうか?
小麦アレルギーはポストハーベストの問題だと思います。米アレルギーは小麦と並行して出てきているはずです。

そう言えば、”米を美味しく炊く”魔法の薬のハナシを空魚さんから聞いた覚えがありますが、なんと50社くらいのメーカーがあるそうです。すし・おにぎり・・・と用途別に揃えてあるらしい。

URL | nano #- | 2005/11/28(月) 21:10 [ 編集 ]

  ってことは、、
やっぱり変だ。
米食の自給率に見合う消費量を
国産米に全て宛てがえば、
これ程の農家の困窮はあり得ないから、
想像、認知しているよりは、
かなり「輸入米」が混ざっていることになりますね。
でないと、「安価米」の15%もの「値下がり」は不自然だ、、。

>小麦アレルギーはポストハーベストの問題だ、、
間違いありません。
幼児を使った実験で、すべて確認できます。サンプル例は極少ですが、ほぼ100%何かしらの「反応」が出ますね。
うちの子の場合、米国産小麦を使った製品よりも欧州産の麺類、いわゆる乾燥パスタがいちばんひどい。
どれくらいひどいかと言うと、
塩茹でしたスパゲティを100gほど小皿に入れて「与える」と、
半分程食べたあたりで「両頬」に湿疹がでます。ついでに「ほっぺた」は真っ赤に変色してますなぁ。
ま、二時間くらいで消える程度のものなので、あまり深刻には考えないようにしていますが、「麺好き」なわが子に安心して与えられるものがほとんどない状況は、憂慮すべきでしょうね、「国として」。
>3ヶ月食べられるパン、、、
冬場でしたら、半年大丈夫でした。
三年前の暮れに()まとめ買いした「バケット」をベランダの食い物ロッカーに入れ忘れてて、取り出したのが翌年の梅雨前の掃除の時でしたから。
見た目も感触も、何にも変わらないので、驚きました。
えっ?食ったかって?
はい、一切れだけそのままかじってみました。ふつうに食べれましたね。
オソルベシ、です。


URL | 空魚 #- | 2005/11/29(火) 00:20 [ 編集 ]

  多分
米は混ぜ物で輸入して、魔法の薬でうまく処理してるんじゃないかなぁ?家で食べないにしても、外食産業であれだけご飯を出すんですから、何らかのマジックがあるでしょう。

好きなのに食べると反応が出るのはかわいそうだなぁ~。反応が出ないような麺モノが見つかったら送ります。

日本は今、その食パンみたいにチープな音楽やアートが溢れているのかなぁ?
URL | nano #- | 2005/11/29(火) 00:45 [ 編集 ]

 
はじめまして。
浮羽町在住のAKKOと申します。
今度、福岡市で食卓の向こう側シリーズで
『生む力~』のシンポがありますね。
私は深川さんで出産しましたが、何も使わずに自力でした(最後は助産師さんがお腹にのってくれましたが)。自力で生める事って幸せなんだなぁと、あの連載を読むと感じます。
URL | AKKO #.xTFdMSY | 2006/07/29(土) 15:19 [ 編集 ]

  AKKOさんへ
こんにちは。はじめまして。
僕は浮羽町の”老人大学”対象の食卓の向こう側の講演で、ムリヤリお願いして入れてもらったことがありました。不思議な雰囲気でしたが・・。

そうですね。自力で生める人は今はあんまり多くないかもしれません。産婦人科医は激減しているし、過酷な労働でくたびれているし・・ですね。

> 福岡市で食卓の向こう側シリーズで『生む力~』のシンポがありますね。

→これいつでしたっけ?知り合いの助産婦さんからも聞いた覚えがあるんですが・・。

ドクターや助産師(僕は”助産婦”という言い方が好きですが。)でも、やはりその人がどんな哲学を持って仕事をしているのか?と言う点がとても重要だと感じています。自分の通える場所に良い産科があればいいですが、ビジネスライクな産科しか選択の余地がない場合は、医療保険制度に関わるへんてこなリスクも背負わなければいけないですもんね。難しい時代です。
URL | nano #- | 2006/07/30(日) 16:48 [ 編集 ]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://nanoscribe.blog2.fc2.com/tb.php/56-c8d61fa9


最近のエントリー

ツキを呼ぶ(11/29)
野生の肉を喰らふ(11/07)
炭の魔法(10/29)
想像(10/11)
今、とっても気になるもの(09/30)
生まれ変わる(01/11)
喰い物と心 ~ 次の世代は?(12/01)
日本の食は?(11/26)
蕎麦の収穫(11/22)
『スローフード』の先にあるものは(10/23)


最近のコメント

bali:Fukuoka CLASS(02/02)
nano:ツキもですが・・(11/29)
nano:ちゅりさんへ(11/09)
ちゅり:たぶん(11/09)
nano:わかりました?(11/08)
ちゅり:あのお方ですね!(11/08)
nano:ホント。(11/08)
空魚:おらした、おらした。(11/08)
nano:話しことばなので、(11/08)
nano:Re:月(10/05)


最近のトラックバック

粉をたくさん集めました:小麦粉を攻める(06/23)
占い辞典:太陰暦[占い辞典](03/18)
自分探しの心の旅:正義は勝つ?(11/12)
環境、防災研究所:環境ブログ トラックバック リンク集(10/20)
瓦版CARAVAN:バベルの妖怪、その4(10/17)


blogpeople
List Me! by BlogPeople
Copyright © 2004 耕す場所. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。