FC2ブログ


   耕す場所

   耕す畑がなければココロを耕そう。
  >> ホーム
  >> RSS
nanoscribe
Author:nanoscribe


境界領域に興味津々・・・・・学問と芸術、科学と精神世界、物質と精神、自然とテクノロジー、都市と農村などなど様々な境界を眺めてみたい。





カテゴリ
たましい(29)
てくのろじ(5)
里山の日々(9)
陰⇔陽(16)
未分類(3)
過去の記事
2006月11月 (2)
2006月10月 (2)
2006月09月 (1)
2006月01月 (1)
2005月12月 (1)
2005月11月 (2)
2005月10月 (3)
2005月09月 (3)
2005月08月 (3)
2005月07月 (2)
2005月06月 (6)
2005月04月 (7)
2005月03月 (1)
2005月02月 (9)
2005月01月 (13)
2004月12月 (6)
リンク
瓦版CARAVAN
みなとん里だより~山下惣一
アメリカン・カルチャーを知る  英語講座
食卓の向こう側
いなごBLOG
Natural Smile
ワタシと東京
David Byrne
キッチンからエコライフ
灰皿町みっちり8番 雑記録

・ワタシの生業
 竹炭工房 和仁
 ダンボールコンポスト

・薪ストーブ屋さん
 DLD Inc.


管理者ページ
サイト内検索
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
(--/--/--(--) --:--)

  蕎麦の収穫
毎年恒例になった蕎麦の収穫の時期になったので、収穫してきました。先先週の事です。エントリーが遅くなりました。11月はまだ何も記事を書いていないことに今さら気が付きました。それはさておき・・、



休耕田を利用して、8月終わり頃に種を撒いておおよそ2ヶ月。蕎麦は成長が早いです。

台風の被害もなかったので、結構な量を収穫しました。

しかも手刈り。

051122b.jpg



2箇所の畑で育てていたのですが、もう一箇所はイノシシの遊び場になっていたようで、なぎ倒されていて採れたのは少しだけでした。
”倒されたのはイノシシのニオイが付いていて喰えないよ。”ということで、イノシシの被害に遭わなかったこちらの畑で。

刈り取りで半日。そして、いよいよ脱穀の・・・その道具。

051122a.jpg


足踏み式の脱穀機です。今どきこんなもの使っている人はいないので、道行く人々が珍しそうに眺めていきます。
『足踏み 脱穀機』で検索したら、タイ・ベトナムといった東南アジアの国々の画像が沢山・・。

現代の日本の農業では、刈り取り・脱穀は つまり”コンバイン”というものでやるわけですね。文明の利器は大変便利です。乗っていれば袋詰めまでしてくれますので。

051122c.jpg


それにしてもこちらは体力を使います。
空転時はぶんぶん回りますが、蕎麦の束を差し込むと負荷がかかるので、回転が下がります。特に大量の束の時は、あまりにも負荷が大きくて止まる寸前。しかし、それでも回転が下がらないように思い切り踏んでがんばる。がんばるとハァハァと息が上がります。

051122d.jpg


しかし・・・収穫直後では実離れが悪く、どうも効率が悪い。ということで翌日また集合して、再び脱穀作業。1日置いただけで乾燥して実離れが良くなり、随分効率が違う。同時にふるいにかけて実だけを集める作業と・・・。

なにしろ、おおよそ一反分。とてもこの日には終わらないと思ったけど、3時のおやつのあとで、必死で踏んでみたら、あらら・・・どうにか日が暮れる前に終わりました。

原始的な道具ですが、馬鹿にしちゃぁいけません。
石油が枯渇したらあちこちで大活躍・復活するに違いありません。とりあえず、我々が何かちゃんと食べていれば回すことが出来ますので。(ガソリンにも似たアルコールという飲み物を流し込んだ方が能率が上がる人がこのメンバーには多い。)

収穫した実は乾燥して、石臼で挽いたあとで年末に蕎麦打ちをして食べるわけです。とても全部は食べられないので、近くの”道の駅”で蕎麦粉を売って、そして次の年の活動資金&飲み代に化けるというシステムです。

このグループで蕎麦のほかに、米・もち米も作ったので、餅つき大会もしなければいけません。飲む機会も増えるというわけです。
スポンサーサイト
里山の日々 | トラックバック:0 | コメント:6
(2005/11/22(火) 17:58)

<<日本の食は? | ホーム | 『スローフード』の先にあるものは>>

コメント
  ばんわ
子供の頃、
農家の同級生の家に遊びにいくと、
必ず「納屋」があり、
そこに「使役牛」が一頭と、
現在は「郷土資料館」でしか見ることのできない「耕作器械」が転がっていました。
牛に引かせる田起こし用の様々な「鋤」や
大きな木製の「脱殼機」とたくさんの「筵(むしろ)」。
脱殼機は写真のものよりかなり大形で、
「手回し」だった記憶があります。
「惰性」で良く回るので、
ぶんぶん扇風機みたいに回しては怒鳴られていた思い出がありますね。
>餅つき大会もしなければいけません。飲む機会も増えるというわけです、、、
なんちゅう、極楽や?!混ぜてくれぃ!!
URL | 空魚 #- | 2005/11/24(木) 22:24 [ 編集 ]

  牛はエライ。
田畑を耕すのに使う牛を「使役牛」と言うのを初めて知りました。残念な事に僕の記憶の中で、現役で働く使役牛を見たことはありませんが、よく働いたんでしょうね。

餅つきはいいですよ~。年の瀬だなぁ~って気分になります。しかし、それぞれの家の鏡餅と雑煮用の小餅を杵と臼でつくとなると、ガソリン無しではやってられません。(苦笑)

混ざりませんか?とにかく子供たちは大喜び 間違いナシです。
URL | nano #- | 2005/11/25(金) 00:16 [ 編集 ]

  奥様は監督
こんばんは。なんとなく力仕事が似合わなそうな線の細いnanoさんと、
座り込んで監督してらっしゃる?奥様の写真を楽しく拝見しました。
手刈りに、足踏み脱穀・・・想像しただけで疲れそうですね~。
かたらせてもらおうかと思ったけど、やっぱやめときます、笑。

でも蕎麦はそのうち作ってみたいので、
その時は教えを請いに伺いますね。よろしく(^^)v
URL | bali #MEc8d.eI | 2005/12/01(木) 01:17 [ 編集 ]

  力仕事は
僕にとっては日常的です。竹切り・竹割り・窯詰めなどなど。延々と/黙々と作業する事が多いのです。

奥様は飛んできた実と葉っぱをふるいで分けているところです。ホントは馬力があるんだけど・・。

一度かたってみませんか?栽培は結構ほったらかしですが、その後の工程が結構面白いです。いつか是非。
URL | nano #- | 2005/12/01(木) 14:37 [ 編集 ]

  え?
かたる、って福岡でも使うの?
「参加する」って意味でしょ?
へぇ~、、
元は「加たる」かしらね?

URL | 空魚 #- | 2005/12/14(水) 01:32 [ 編集 ]

  よく使います
最初に聞いたときは 「語る」 「加担る」 かな?と思っていたのですが、実のところよくわかりません。

今週末はそば打ち大会が控えているので、仕事は休みます。でも、年末はその分ギリギリまでがんばります。
URL | nano #- | 2005/12/14(水) 17:18 [ 編集 ]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://nanoscribe.blog2.fc2.com/tb.php/55-fb6ed422


最近のエントリー

ツキを呼ぶ(11/29)
野生の肉を喰らふ(11/07)
炭の魔法(10/29)
想像(10/11)
今、とっても気になるもの(09/30)
生まれ変わる(01/11)
喰い物と心 ~ 次の世代は?(12/01)
日本の食は?(11/26)
蕎麦の収穫(11/22)
『スローフード』の先にあるものは(10/23)


最近のコメント

bali:Fukuoka CLASS(02/02)
nano:ツキもですが・・(11/29)
nano:ちゅりさんへ(11/09)
ちゅり:たぶん(11/09)
nano:わかりました?(11/08)
ちゅり:あのお方ですね!(11/08)
nano:ホント。(11/08)
空魚:おらした、おらした。(11/08)
nano:話しことばなので、(11/08)
nano:Re:月(10/05)


最近のトラックバック

粉をたくさん集めました:小麦粉を攻める(06/23)
占い辞典:太陰暦[占い辞典](03/18)
自分探しの心の旅:正義は勝つ?(11/12)
環境、防災研究所:環境ブログ トラックバック リンク集(10/20)
瓦版CARAVAN:バベルの妖怪、その4(10/17)


blogpeople
List Me! by BlogPeople
Copyright © 2004 耕す場所. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。