FC2ブログ


   耕す場所

   耕す畑がなければココロを耕そう。
  >> ホーム
  >> RSS
nanoscribe
Author:nanoscribe


境界領域に興味津々・・・・・学問と芸術、科学と精神世界、物質と精神、自然とテクノロジー、都市と農村などなど様々な境界を眺めてみたい。





カテゴリ
たましい(29)
てくのろじ(5)
里山の日々(9)
陰⇔陽(16)
未分類(3)
過去の記事
2006月11月 (2)
2006月10月 (2)
2006月09月 (1)
2006月01月 (1)
2005月12月 (1)
2005月11月 (2)
2005月10月 (3)
2005月09月 (3)
2005月08月 (3)
2005月07月 (2)
2005月06月 (6)
2005月04月 (7)
2005月03月 (1)
2005月02月 (9)
2005月01月 (13)
2004月12月 (6)
リンク
瓦版CARAVAN
みなとん里だより~山下惣一
アメリカン・カルチャーを知る  英語講座
食卓の向こう側
いなごBLOG
Natural Smile
ワタシと東京
David Byrne
キッチンからエコライフ
灰皿町みっちり8番 雑記録

・ワタシの生業
 竹炭工房 和仁
 ダンボールコンポスト

・薪ストーブ屋さん
 DLD Inc.


管理者ページ
サイト内検索
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
(--/--/--(--) --:--)

  一過性
別に隠しておくこともないので、自分の仕事の話でもしようかな。


今日は例のもんた氏の番組で、「竹炭水でダイエット」っていうのをやってたそうです。

親切な友人が電話で教えてくれました。

そうです。僕の仕事は竹炭を焼くこと。

小さな窯なので大量生産が出来ませんし、大量の在庫もないです。

テレビで関連の番組が放映されると決まって問い合わせの電話・沢山の人の来店、などなどで追われます。しかし僕は”番組”を見るためのテレビを持っていない。誰かが教えてくれない限り、いつも”いきなり”やって来るのです。

しかし、今回は「テレビを見た!!」来店2名。ネット注文1件。 バンザーイなのです。
悪いけど、僕が作ったものを”痩せる”目的のために使ってもらいたくない。

この手の話題はいつも一過性です。もともと大した量を作れないのに、この調子で押し寄せてくると、いつも来てくれる人の分がなくなって、待ってもらうことがなんとも心苦しかったです。そして、そんな時のお客さんも一過性がほとんど。

カミさんの実家が八百屋さんなので、もんた氏の番組のあとはその品物を揃えておかないとお客さんに怒られるらしいけど、需要は・・・・「2~3日だね。だいたいバナナやブロッコリーをそんな毎日食べれるわけがない。」最もな話です。

そんなことよりも、例えばナタデココの急劇な需要・急速な低迷のために潰れた海外の工場がどれくらいあるか? 単に品物に飛びつくという行為で、思いがけないところでバランスが崩れますね。同じように竹炭屋も影響があります。やめていった人も多い。

ナタデココ残酷物語

今回はほとんど反響がなかったのは、ちょっと「胸をなでおろした」というのが正直なところです。

つまり、少し消費者の動向が変わってきたなぁ~と感じたのでした。
多分、テレビで”使用前・使用後でこんなに変わります!!”っていうのが、それほど通用しなくなってきたのでしょう。

それと、竹炭というものの場合は働きを言葉で伝えにくいということもあります。僕もお客さんに最初から全てを説明するのは難しいし、劇的な”何らかの効果”を期待する人にはむしろ残念な結果に終わるでしょう。だから僕は少しづつ、段階的に説明するようにしています。(むしろ、聞かれたら説明する程度の不親切な対応かも。)

僕も一応”なりわい”としているので「買いたい」という人に「売らない!」とは言わないけど、”テレビ”に信頼があるのであって、悲しいかな僕という作り手はほとんどの場合、どうでもいいわけです。

その関係の中で”順番に説明する”なんてことは無理な話です。

特定の番組に「バッジ」を通じて”仕掛ける”人々がいるようです。芸能界でも良くある話なんでしょうが、僕はそんなところと関係なく静かにやっていたいね。

結論として、情報過多で肥大した頭の中を どんな選択をして、何を自分の基準として、ダイエット(整理)するかという話で締めくくります。→情報も食べ過ぎている?

スポンサーサイト
陰⇔陽 | トラックバック:0 | コメント:10
(2005/09/02(金) 21:23)

<<市民バンク | ホーム | 食育?>>

コメント
  いいんだよなぁ
全く同感です。nanoさんの文章って、内容もリズムも僕の体にぴったんこ。最後の
>情報過多で肥大した頭の中を どんな選択をして、何を自分の基準として、ダイエット(整理)するか・・・・
なんて、血のつながりさえ感じてしまう。
竹炭屋サンだったんですね。僕はもっとデジタリックな管理職の方かなぁなんて想像していたので、ちょっと驚きました。事務管理でなくて、農業指導などの管理かなぁなんて思った事もありました。ともあれ、僕は「七輪」贔屓なので、購入させて頂きます。でも、僕のような客は最終的に自分で作って楽しんじゃうので、良い客にはなれないかも知れません。僕の本業のストーブのお客様にも「薪は自分で作った方が楽しいですよ」とつい言ってしまう商売下手。
あっそう。どこに行けば買えますか?

URL | owl #- | 2005/09/03(土) 10:53 [ 編集 ]

  Re:いいんだよなぁ
つい深刻な内容に持ち込むクセがあるので、そんな風に書いていただいて感謝です。

わは。僕のじいちゃんは岐阜の出身だから、先祖を辿ると血縁だったりして。

実にローテクな作業を日々繰り返してます。竹切りから始まって、竹割り・窯詰め・・・ほとんどが力仕事かつ自転車操業です。

アウルさんは薪ストーブ!火を使う仕事。実は僕も使ってます。炎を見るのはホントに飽きないですよね。冬はついストーブの前で1日過ごしてしまうこともあります。(僕の場合、外でも火を焚いているのですが。)

一応生業としているサイトです。
http://ww21.tiki.ne.jp/~wani-koubo/
七輪の炭は自分で作った方がいいです。ホント。割高になるし、火持ちも雑木にはかなわないです。材料もふんだんにあるでしょうから、地産地消が一番。



URL | nano #- | 2005/09/03(土) 12:15 [ 編集 ]

  えーっ、岐阜なの?
家のじぃちゃんも岐阜羽島。屋号は「岐阜屋」
繋がる、繋がる。しかも、「仁」と「和」は僕の中ではとっても大切な言葉。
ゆっくりHPを拝見させて頂きま~す。
URL | owl #- | 2005/09/03(土) 12:44 [ 編集 ]

  不思議な
共通項がありますねー。楽しいな。
薪ストーブ・七輪は原始的だけど燃やしているのは、もともと植物が光・土・水・空気(二酸化炭素)で作り上げたものだから、環境の負荷が少ないですよね。見てて飽きないのもgoodです。

ゴムみたいなウナギを七輪で焼くか、ガスで焼くか・チンするかで随分出来上がりが違う話をowlさんのところに書き込みましたが・・・これは空魚さんの記事の言わんとするところと共通するものだと思っています。 ”まっとうな人々”
http://blog.goo.ne.jp/nomoscab/e/6f8a79ea3493c65535e865ffcc84c066

遠赤外線と言えばそれまでかもしれませんが、生物由来の”何か”が働いているんじゃないかと僕は勝手に想像しています。それから七輪の材料の珪藻土も生物由来ですもんね。
URL | nano #- | 2005/09/03(土) 20:42 [ 編集 ]

  不思議ですね
家の母がよく言ってました。
「漬け物は手で味が変わるんだよね」
家による伝統的な味付けの仕方や保管状況によって漬かり方が変わる事は即座に理解でしますが、
「手」で梅干しの「赤紫色」が変わったり、むしろ「色の出ない人がいる」なんて話は、具体的すぎて、怖いくらいです。
「不思議を一般化する事」は確かに「そっとしておくべきだ・・・」という感覚はよく分かります。投げやりな意味じゃなくて、意味を与えた途端に「畏れ」が無くなりそうで、返って怖い。
そう、人間は万物を主管せよ・・とは人間の傲慢さから出た言葉のような気がします。感覚として知っていれば良い領域があるのかも知れませんね。
URL | owl #- | 2005/09/04(日) 13:51 [ 編集 ]

  Re:不思議ですね
おかあさんの話はすごいですね。日常を観察していないと出てこない言葉です。しかし、梅干し・漬け物も日常ではなくて工業製品みたいになってしまいましたね・・・。

「畏れ」の部分は残しておきたいですね。「火・土・水の神様」なーんて話をすると迷信だと言われますが、これが存在しなかったらヒトも存在しないですもんね。

昔の記事ですがこんなこともありました。
http://nanoscribe.blog2.fc2.com/blog-entry-19.html
URL | nano #- | 2005/09/04(日) 23:13 [ 編集 ]

 
空魚さんのコメントに
>もったいないとは作り手の苦労を愛おしく思いやる事・・・
とあり、とても感銘を受けました。
言い伝える作業は全く同じ事ですね。
昔の人の言い伝え=「知恵」は我々が聞くには「もったいない」(=おそれおおい)話。
しかし、聞くチャンスを持つ我々は、畏れを抱きつつ粛々と淡々と言い伝える必要があるのでしょう。男だから女だからではなく、大人にはその使命があるんだと思いました。
URL | owl #- | 2005/09/05(月) 13:19 [ 編集 ]

  もったいない
お年寄りの話を”古臭い””時代遅れ””迷信”などと、あらかじめ壁を作ってしまうと途切れてしまいます。僕もその壁を取り払って知恵をたくさんもらえるようになった気がしてます。(自分のものになっているのか、まだわかりませんが。)

そういう意味では、人間という字は、主体と客体が存在して初めて成り立つわけです。意思疎通・情報伝達・交流。もしも一方が耳を塞いだら人間という字は成立しなくなりますね。人だけではなくて、植物や動物でもそんな関係は成り立つのかもしれませんが、僕はそこまで達観してないです。ハハ。



URL | nano #- | 2005/09/05(月) 15:48 [ 編集 ]

  はじめまして
7日に竹炭工房にて竹酢液を購入したおばさんです。
田主丸町は移り住みたいくらい大好きな地域で、
いつも足はそちらを向いているのに、nanoさんちに伺ったのは、初めてでした。

その初めての訪問になのに、せっけんの"おまけ"をして下さって、ありがとうございました。さっそく使わせて頂いてます。
またおじゃましに行ってもいいですか。
いつか、炭焼きの仕事風景を見てみたい気がします。
URL | bali #MEc8d.eI | 2005/09/09(金) 17:09 [ 編集 ]

  baliさんどうも。
初めてだったのですか? もう何回か会っていたような気がしてました。

またいつでもどうぞ。先日は比較的きれいな格好をしてましたが、普段は炭にまみれていますので、真っ黒です。引かないでくださいね。

自分の作ったページよりもずっときれいなので、勝手にリンクさせてもらいます。
http://blog.baliyoka.net/archives/50074620.html

柿の実が赤く色づく頃が最高です。日本に生まれて良かったなぁ~って感じる景色があちこちで見つけられると思います。
URL | nano #7s/gIYfs | 2005/09/09(金) 17:43 [ 編集 ]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://nanoscribe.blog2.fc2.com/tb.php/49-122a7dab


最近のエントリー

ツキを呼ぶ(11/29)
野生の肉を喰らふ(11/07)
炭の魔法(10/29)
想像(10/11)
今、とっても気になるもの(09/30)
生まれ変わる(01/11)
喰い物と心 ~ 次の世代は?(12/01)
日本の食は?(11/26)
蕎麦の収穫(11/22)
『スローフード』の先にあるものは(10/23)


最近のコメント

bali:Fukuoka CLASS(02/02)
nano:ツキもですが・・(11/29)
nano:ちゅりさんへ(11/09)
ちゅり:たぶん(11/09)
nano:わかりました?(11/08)
ちゅり:あのお方ですね!(11/08)
nano:ホント。(11/08)
空魚:おらした、おらした。(11/08)
nano:話しことばなので、(11/08)
nano:Re:月(10/05)


最近のトラックバック

粉をたくさん集めました:小麦粉を攻める(06/23)
占い辞典:太陰暦[占い辞典](03/18)
自分探しの心の旅:正義は勝つ?(11/12)
環境、防災研究所:環境ブログ トラックバック リンク集(10/20)
瓦版CARAVAN:バベルの妖怪、その4(10/17)


blogpeople
List Me! by BlogPeople
Copyright © 2004 耕す場所. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。