FC2ブログ


   耕す場所

   耕す畑がなければココロを耕そう。
  >> ホーム
  >> RSS
nanoscribe
Author:nanoscribe


境界領域に興味津々・・・・・学問と芸術、科学と精神世界、物質と精神、自然とテクノロジー、都市と農村などなど様々な境界を眺めてみたい。





カテゴリ
たましい(29)
てくのろじ(5)
里山の日々(9)
陰⇔陽(16)
未分類(3)
過去の記事
2006月11月 (2)
2006月10月 (2)
2006月09月 (1)
2006月01月 (1)
2005月12月 (1)
2005月11月 (2)
2005月10月 (3)
2005月09月 (3)
2005月08月 (3)
2005月07月 (2)
2005月06月 (6)
2005月04月 (7)
2005月03月 (1)
2005月02月 (9)
2005月01月 (13)
2004月12月 (6)
リンク
瓦版CARAVAN
みなとん里だより~山下惣一
アメリカン・カルチャーを知る  英語講座
食卓の向こう側
いなごBLOG
Natural Smile
ワタシと東京
David Byrne
キッチンからエコライフ
灰皿町みっちり8番 雑記録

・ワタシの生業
 竹炭工房 和仁
 ダンボールコンポスト

・薪ストーブ屋さん
 DLD Inc.


管理者ページ
サイト内検索
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
(--/--/--(--) --:--)

  「子どもは大いなる自然だ」
”子供は大いなる自然”は当たってますね。僕はこの数年間、外の自然よりも”家の中の自然”に振り回されていた感があります。と同時に、学んだことも多かったです。

まだ自然の残っているこの地域では”家の中の自然”がどんなに暴れようが泣き叫ぼうが、放っておく空間・時間?があるのが救いです。逆に、その時間と空間がいつも存在するがために、より強烈な台風のようになってしまったのも事実です。

いわゆる世間で言うところの「聞き分けの良い」子供からはかけ離れてしまいました。自己主張が強く、いつも「何か面白いことはないか?」と目をギラギラさせているような連中ですから(×3人)、何をしでかすかわからないので保育園の先生も相当手こずっていることは容易に想像できます。

とは言っても、本当に美味しいものを選ぶ味覚を持っていたり、風邪の時には何も食べず薬も飲まずに自分で治してしまう動物のような本能にはオドロキます。いまどきカラスウリが「しもやけの薬」になるなんて知っている子供も珍しい。

この空間と時間があるがゆえに、虐待に至らずに自然のままに勝手に育ったというのが正直なところです。

-------------------------------------------

あるNPOの機関紙に掲載された文章です。この稚拙な文章の前にはこの団体の代表が書いた文章がありました。彼はこの春はるか遠くに引っ越して、役場の児童虐待に関する仕事を命ぜられたました。(こちらにいるときは全然違う仕事をしていた。)原文は勝手に乗せるわけにはいかないので、かいつまんで内容をまとめてみます。

『与えられた仕事はどうもわけがわからなかったけど、ある資料の中で「こどもは大いなる自然だ」という一文を見つけた。室内環境はクーラーや建築構造で自然をコントロールできるようになって、オトナは耐える訓練が足りていないのに、制御できない大いなる自然「こども」が家の中で唯一あばれているので、無理矢理制御しようとして虐待が起こりやすくなる。・・・・自然は必ずしも心地よいだけではない。根気よく付き合おう。』

というような感じでした。

-----------------------------------------

そもそも卵子や精子の段階では単細胞の遺伝子情報を乗せただけの”物質”が、どうやって生き物として生理的な活動を開始して、言葉を獲得するのか?そして、人間として躾や道徳そして知識を身に付けていくのか?(僕のところはまだその段階以前ですが。)考えたらとてもおもしろくて摩訶不思議な自然です。

どんなに優秀な遺伝子を持っていようが、スイッチが入らなければ眠ったまま機能しないと言うのが現在の遺伝学の結論ですから、我々は親子でスイッチをつけたり消したりしながら生活しているのかもしれません。(しかし子供の英才教育とか能力開発のようなものは興味ないです。)

日々の生活の中で、もうウンザリするようなことをしでかす連中ではあるけど、見ていて飽きないのは確かです。「なぜ我々のモトに子供としてやって来たのか?」なんて事を考えると、自然というよりもこの世の中の成り立ちや宇宙は一体どうなってんの?っていう気分になります。このあたりから話をしましょうかねー?
スポンサーサイト
たましい | トラックバック:1 | コメント:5
(2005/06/10(金) 01:57)

<<昼間に寝かせつけるな | ホーム | ザリガニ釣り>>

コメント
  ちわ。
先週の休日、ムスコの天と一日中ふたりきりだった。お互いタイマンの遊びに飽きた夕方、僕はラジオを聴きながらビールを飲み始めた。
ヤツがいきなり両手を広げて、蜘蛛のようにフスマに張り付き、顔をぎゅっとねじって「耳」をフスマ紙に押しつけた。何ごとだ?僕はヤツの次の行動を待った。

「ハイハイ、そうなんですか?
エ~っ、ウチ新聞取らないんで、
ア、ハイすいません」
カミさんのマネだった。
前日の夕方、新聞の勧誘員をドア越しに(ドアを開けずに)応対する場面の、「再現ひとり芝居」だった。

大笑いしました。
これもシゼン、いやテンネンか?
URL | 空魚 #- | 2005/06/10(金) 15:11 [ 編集 ]

  門前の小僧
というヤツですね。
スポンジみたいに何でも吸収してますもんね。

うちもやってますよ。
「まーかーはんにゃーはらーみたー・・」とか、いつの間にか覚えていたらしく・・。

ヘンな生き物です。
URL | nano #T.4xf0L6 | 2005/06/10(金) 18:46 [ 編集 ]

  内なる自然
冷静に考えれば、個性だ自主性だときれい事を言って、一度制御不能な子供の姿を見ると、無理矢理制御しようと翻る。ゲーム機を買い与えて、けじめなくゲームに浸る子供をしかりつける。
彼らは獣の段階だから、社会のルールなどどこ吹く風。怪獣のように自分にぶつかるものを破壊して行く。親のストレス。子供のストレス。子供に勝ち目はない。その事を分かって、親は大いなる自然のゆりかごとなって・・・また観念的発言。
ポイントは親が幸せであることだと思います。
URL | アウル(いなごBLOG) #- | 2005/06/11(土) 10:47 [ 編集 ]

  Re:内なる自然
アウルさん、はじめまして。

子供は怪獣であるという認識を持って、僕もやっと子育てが少し楽になりました。
破壊されたもの多数。そして「こういう生き物だ」という”身をもって”理解する事で・・。

ゲームやカードといった魔力を持った遊び物よりも、もっと楽しいコト・環境を与えられるかどうかで彼らの方向性が随分変わってくると思います。
スポンジのような彼らの頭の中をゲームのスキルで占拠させるか、自然の中の生き物を探したり見つけたりすることで埋め尽くすかは、目に見えないけど相当な違いです。
必要なのは子供が安心して遊べる場所、そして自然しかないと僕は勝手に思っているんですが。

> ポイントは親が幸せであることだと思います。
→そうですね。価値観が多様化しているので何をもって親が幸せと思うか、人それぞれでしょうが、親が日々楽しんで生活や仕事をしている家庭では、子供もイイ感じに育っていくような気がします。

どうもありがとうございました。

URL | nano #T.4xf0L6 | 2005/06/11(土) 17:51 [ 編集 ]

  TBさせて頂きました。
 こんにちは。なんて事ない話なんですが、こちらを見ていてふと思い出したのでTBさせて頂きました。よろしくお願いします。
URL | vivichin #- | 2005/06/13(月) 13:13 [ 編集 ]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://nanoscribe.blog2.fc2.com/tb.php/38-151e0b83


  大怪獣
 よくある事なんですが、先日職場で怒る狂って物に当たる27歳の男を見ました。 事の流れはこうです。外回りの帰りに自炊用の生卵を愛車の自転車のカゴに乗せ、職場へ戻ってきました。自転車のスタンドを立て建物の中に入ってきました。その瞬間、自転車は無惨に倒れ、カ
kazu=peace=hero | 2005/06/13(月) 13:10

最近のエントリー

ツキを呼ぶ(11/29)
野生の肉を喰らふ(11/07)
炭の魔法(10/29)
想像(10/11)
今、とっても気になるもの(09/30)
生まれ変わる(01/11)
喰い物と心 ~ 次の世代は?(12/01)
日本の食は?(11/26)
蕎麦の収穫(11/22)
『スローフード』の先にあるものは(10/23)


最近のコメント

bali:Fukuoka CLASS(02/02)
nano:ツキもですが・・(11/29)
nano:ちゅりさんへ(11/09)
ちゅり:たぶん(11/09)
nano:わかりました?(11/08)
ちゅり:あのお方ですね!(11/08)
nano:ホント。(11/08)
空魚:おらした、おらした。(11/08)
nano:話しことばなので、(11/08)
nano:Re:月(10/05)


最近のトラックバック

粉をたくさん集めました:小麦粉を攻める(06/23)
占い辞典:太陰暦[占い辞典](03/18)
自分探しの心の旅:正義は勝つ?(11/12)
環境、防災研究所:環境ブログ トラックバック リンク集(10/20)
瓦版CARAVAN:バベルの妖怪、その4(10/17)


blogpeople
List Me! by BlogPeople
Copyright © 2004 耕す場所. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。