FC2ブログ


   耕す場所

   耕す畑がなければココロを耕そう。
  >> ホーム
  >> RSS
nanoscribe
Author:nanoscribe


境界領域に興味津々・・・・・学問と芸術、科学と精神世界、物質と精神、自然とテクノロジー、都市と農村などなど様々な境界を眺めてみたい。





カテゴリ
たましい(29)
てくのろじ(5)
里山の日々(9)
陰⇔陽(16)
未分類(3)
過去の記事
2006月11月 (2)
2006月10月 (2)
2006月09月 (1)
2006月01月 (1)
2005月12月 (1)
2005月11月 (2)
2005月10月 (3)
2005月09月 (3)
2005月08月 (3)
2005月07月 (2)
2005月06月 (6)
2005月04月 (7)
2005月03月 (1)
2005月02月 (9)
2005月01月 (13)
2004月12月 (6)
リンク
瓦版CARAVAN
みなとん里だより~山下惣一
アメリカン・カルチャーを知る  英語講座
食卓の向こう側
いなごBLOG
Natural Smile
ワタシと東京
David Byrne
キッチンからエコライフ
灰皿町みっちり8番 雑記録

・ワタシの生業
 竹炭工房 和仁
 ダンボールコンポスト

・薪ストーブ屋さん
 DLD Inc.


管理者ページ
サイト内検索
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
(--/--/--(--) --:--)

  ザリガニ釣り
近所の川で捕まえたニホンザリガニを3匹 家の池に放っておいたら、その子供が大量に増えて、今では確実に30匹は生息しているようです。


日本の在来種で、アメリカザリガニとは違って色はそれほど赤くなくて地味な印象。

30匹いますから、池の中を覗くと連中がエサを漁ったり、金魚にちょっかいを出したりして水面の下は何だか賑やかなんです。

で、我が家の怪獣が黙って見ているわけはない。早速ザリガニ釣り。タコ糸の先に石といりこ(煮干)をくっつけて池に放つと、連中が次々と釣れるわけです。

だいたいエビ・カニの類は脳ミソなんて非常に単純に出来ているので、一度釣っても、池に放したらまた釣れるから面白い。

そうそう、僕のカミさんは海のそばで育っているので「カニは糸の先にティッシュをつけて釣るものだ。」とマジメな顔で言っていました。

怪獣の中でも一番強烈なしんべえ(古い日記ですが。)は・・・朝起きて保育園に行くまでの時間ザリガニ釣り。保育園から帰ると、夕方薄暗くなるまでザリガニ釣り。見ていると頭の中にザリガニがうごめいているのがよくわかります。

で、水面を覗き込んで真剣にやるもんだから、もう3回ほど池に落ちました。仕事場の横の池なので”ボチャン”と音がするのでわかるのです。懲りないんです。

「あそこの家ではザリガニ釣りができる」という噂になり、小学生・保育園の子供たちが休みの日・放課後になると次々やって来て、池に群がるのです。

しまいには小学校の生活の授業で、一応僕の仕事の見学ということで小学生がやってきたけど、みんなザリガニ釣りをする始末。ま、それも大らかでいいではないですか。

川はもう汚れてしまっているし、川底にはガラス片なんかがあるから、昔と違ってそう気楽に入れる場所ではなくなってしまった。子供たちはすでに川で泳ぐ事は禁じられ、釣る魚はブラックバスだと思っている。だんだんと本来の姿の自然は消失して、本物の姿をしたニセモノしか観察できなくなっているんじゃないだろうか?

池の中のザリガニの地味な赤い体色を見ては、外来種に押されて行き場をなくしている在来種のはかなさを感じます。

もう随分東京には行ってないけど、新宿の歌舞伎町あたりはどうなんでしょう?

-------------------------------
またまたしばらくブログをサボってました。

個人的に様々な未知の出来事に直面して、自分の内側でいろいろと整理する時期だったのかもしれません。思考が停止していました。ハハ。

不定期ですが、少しづつ整理して吐き出していく予定です。
スポンサーサイト
里山の日々 | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/06/07(火) 22:28)

<<「子どもは大いなる自然だ」 | ホーム | 地震再び>>

コメント
  ええなぁ、、。
実は僕はザリガニと言うヤツを見たことがないんです。川で取れるエビはラングスティーンみたいな手長エビばかりでコイツは「常食」でしたし、沢ガニも今みたいに重宝されるモンじゃなくて「ゴミ」あつかいでした。なんせオトナの手のひらからはみ出るほどデカイ「カニ(ウチの方では「ガニ」)」がわんさか獲れてましたから。ザリガニって宮崎の北部には余り見られなかったなあ、、。
URL | 空魚 #- | 2005/06/08(水) 01:20 [ 編集 ]

  Re:ええなぁ、、。
あれ?先日書いたコメントが反映されなかったみたいです。

テナガエビやガニ(ヤマタロウガニってヤツかな?)を常食できたなんていいなぁ~。このあたりの人は昔はザリガニを取って食べていたそうだけど、あんまりそそられなかったなぁ~。住んでいるところがそれほどきれいなところじゃないし、学生の時、実験で解剖したのが良くなかったなぁ~。

空魚さんの故郷の川がきれいだった事が伺えます。実際、今でもきれいですもんね~。お金と時間の余裕があったら、あんな川のほとりで毎日釣り三昧のテント生活をしてみたいなぁ~なんて思ってました。


URL | nano #T.4xf0L6 | 2005/06/09(木) 19:44 [ 編集 ]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://nanoscribe.blog2.fc2.com/tb.php/37-74c5757a


最近のエントリー

ツキを呼ぶ(11/29)
野生の肉を喰らふ(11/07)
炭の魔法(10/29)
想像(10/11)
今、とっても気になるもの(09/30)
生まれ変わる(01/11)
喰い物と心 ~ 次の世代は?(12/01)
日本の食は?(11/26)
蕎麦の収穫(11/22)
『スローフード』の先にあるものは(10/23)


最近のコメント

bali:Fukuoka CLASS(02/02)
nano:ツキもですが・・(11/29)
nano:ちゅりさんへ(11/09)
ちゅり:たぶん(11/09)
nano:わかりました?(11/08)
ちゅり:あのお方ですね!(11/08)
nano:ホント。(11/08)
空魚:おらした、おらした。(11/08)
nano:話しことばなので、(11/08)
nano:Re:月(10/05)


最近のトラックバック

粉をたくさん集めました:小麦粉を攻める(06/23)
占い辞典:太陰暦[占い辞典](03/18)
自分探しの心の旅:正義は勝つ?(11/12)
環境、防災研究所:環境ブログ トラックバック リンク集(10/20)
瓦版CARAVAN:バベルの妖怪、その4(10/17)


blogpeople
List Me! by BlogPeople
Copyright © 2004 耕す場所. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。