FC2ブログ


   耕す場所

   耕す畑がなければココロを耕そう。
  >> ホーム
  >> RSS
nanoscribe
Author:nanoscribe


境界領域に興味津々・・・・・学問と芸術、科学と精神世界、物質と精神、自然とテクノロジー、都市と農村などなど様々な境界を眺めてみたい。





カテゴリ
たましい(29)
てくのろじ(5)
里山の日々(9)
陰⇔陽(16)
未分類(3)
過去の記事
2006月11月 (2)
2006月10月 (2)
2006月09月 (1)
2006月01月 (1)
2005月12月 (1)
2005月11月 (2)
2005月10月 (3)
2005月09月 (3)
2005月08月 (3)
2005月07月 (2)
2005月06月 (6)
2005月04月 (7)
2005月03月 (1)
2005月02月 (9)
2005月01月 (13)
2004月12月 (6)
リンク
瓦版CARAVAN
みなとん里だより~山下惣一
アメリカン・カルチャーを知る  英語講座
食卓の向こう側
いなごBLOG
Natural Smile
ワタシと東京
David Byrne
キッチンからエコライフ
灰皿町みっちり8番 雑記録

・ワタシの生業
 竹炭工房 和仁
 ダンボールコンポスト

・薪ストーブ屋さん
 DLD Inc.


管理者ページ
サイト内検索
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
(--/--/--(--) --:--)

  風邪薬
我が家の子供は全員青ハナを垂らしてました。不思議なことにチリ紙で取っても取っても、しばらくすると鼻の下に一筋あるいは二筋あらわれるから面倒くさいので、ほったらかしにしてました。


しかし同じ農村にいながら、同じように青ハナを垂らしている子供は意外と少ないことに気が付いたのです。

『何故か??』

同じ保育園に通い、同じように青ハナを垂らしている子供のお母さんと話していたら、答えはすぐにわかった。

『薬を飲ませているからよ。』・・そんな簡単なことだったのか。知らなかった。

そういえば、みんな保育園に薬を持たせて行っているなぁ。

僕もカミさんも病院が嫌い。
待たされるし、ヘンなニオイがするし、待合室にいるだけで別の病気をもらいそうだ。従って、子供も滅多に病院に連れて行かないので、当然保育園に薬を持たせることもないです。

風邪に限っていえば、大根おろしに梅干を入れて番茶でといた物(しょうががあれば入れる)を飲むのと、こんにゃく湿布で腎臓のあたりを温めると1日か2日で回復します。それと、食欲が無ければ食べないで寝かせておく。この程度の処置です。*注

「薬は飲まないのか?」といろいろ聞かれるけど、その程度で治るものはそれでいいじゃないかという考えです。飲み続けていれば風邪の菌やウィルスは抵抗性をつけるし、体も薬ナシでは治らない状態になるでしょう。
一言で言えば、重症のときにちゃんと薬が効くようにしているだけの話かも。

最近の風邪の個人的な体感としては・・、昔のものと違ってタチが悪くなっている気がします。ワクチン・抗生物質の使用頻度が増して強力に進化しているのでしょう。

最近になってやっとウィルスに抗生物質が効かないって話が出てきましたね。抗生物質は細菌の細胞膜に作用するので、細胞膜を持たないウィルスには効くわけないもんなぁ。ちなみにウィルスは生物ではありません。

ウイルスとは

ちなみに・・僕は青ハナ程度は風邪のうちに入らないという認識デス。

*注:東城百合子氏の『家庭でできる自然療法』に詳しく書いています。
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/02/25(金) 16:50)

<<地震・・・とりあえず無事です。 | ホーム | 種の会社が不審の種を撒く その2>>

コメント
  知らなかった、、
早速、ウチの記事訂正しときます。
それはそうと、今朝方カミさんに、病院いっといでよ、と促され、「待合いで違う病気貰いそうだから行かん」と応えました。それでこちらを訪ねたら同じことが書いてあって、ちょっとしたシンクロにシティ。39度前後がもう一週間も続いています。さすがにしんどいですね。確かに昔の風邪より強烈になってるような気がします。
URL | 空魚 #- | 2005/02/26(土) 16:35 [ 編集 ]

  熱を下げるには
番茶+大根+しょうが は結構イケます。ただ、初期の段階の方が効果的だと思いますが・・・。早く治してくださいね。
僕も今回インフルエンザの症状が出ましたが、早く処置したので軽くで済みました。

菌やウィルスも子孫を残すために必死だから、すぐに抵抗性が付きます。数分で次の世代が爆発的に増えるので、駆逐しても生き残ったものが猛烈な抵抗性を持って登場します。

予防接種の類はほとんどが耐性菌を育てるための温床になっている気がするなぁ~。

URL | nano #T.4xf0L6 | 2005/02/26(土) 18:17 [ 編集 ]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://nanoscribe.blog2.fc2.com/tb.php/28-5f3e6026


最近のエントリー

ツキを呼ぶ(11/29)
野生の肉を喰らふ(11/07)
炭の魔法(10/29)
想像(10/11)
今、とっても気になるもの(09/30)
生まれ変わる(01/11)
喰い物と心 ~ 次の世代は?(12/01)
日本の食は?(11/26)
蕎麦の収穫(11/22)
『スローフード』の先にあるものは(10/23)


最近のコメント

bali:Fukuoka CLASS(02/02)
nano:ツキもですが・・(11/29)
nano:ちゅりさんへ(11/09)
ちゅり:たぶん(11/09)
nano:わかりました?(11/08)
ちゅり:あのお方ですね!(11/08)
nano:ホント。(11/08)
空魚:おらした、おらした。(11/08)
nano:話しことばなので、(11/08)
nano:Re:月(10/05)


最近のトラックバック

粉をたくさん集めました:小麦粉を攻める(06/23)
占い辞典:太陰暦[占い辞典](03/18)
自分探しの心の旅:正義は勝つ?(11/12)
環境、防災研究所:環境ブログ トラックバック リンク集(10/20)
瓦版CARAVAN:バベルの妖怪、その4(10/17)


blogpeople
List Me! by BlogPeople
Copyright © 2004 耕す場所. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。