FC2ブログ


   耕す場所

   耕す畑がなければココロを耕そう。
  >> ホーム
  >> RSS
nanoscribe
Author:nanoscribe


境界領域に興味津々・・・・・学問と芸術、科学と精神世界、物質と精神、自然とテクノロジー、都市と農村などなど様々な境界を眺めてみたい。





カテゴリ
たましい(29)
てくのろじ(5)
里山の日々(9)
陰⇔陽(16)
未分類(3)
過去の記事
2006月11月 (2)
2006月10月 (2)
2006月09月 (1)
2006月01月 (1)
2005月12月 (1)
2005月11月 (2)
2005月10月 (3)
2005月09月 (3)
2005月08月 (3)
2005月07月 (2)
2005月06月 (6)
2005月04月 (7)
2005月03月 (1)
2005月02月 (9)
2005月01月 (13)
2004月12月 (6)
リンク
瓦版CARAVAN
みなとん里だより~山下惣一
アメリカン・カルチャーを知る  英語講座
食卓の向こう側
いなごBLOG
Natural Smile
ワタシと東京
David Byrne
キッチンからエコライフ
灰皿町みっちり8番 雑記録

・ワタシの生業
 竹炭工房 和仁
 ダンボールコンポスト

・薪ストーブ屋さん
 DLD Inc.


管理者ページ
サイト内検索
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
(--/--/--(--) --:--)

  持続可能な本質
九州のある島は今でも海で漁をするときには、自主的な規制をしているそうだ。

それはいわゆる『掟』のようなもので、昔から乱獲を防ぎ、先の代まで漁業が永続出来るように、一本釣り(針を沢山つけない)であるとか、細かい網を使わない(小さな稚魚まで捕らない)というようなことを守っているらしい。

一見すると、どうも古臭くて堅苦しいシステムのように思うし、現在の競争・市場主義からするとかけ離れたように感じるけれど、漁業という”なりわい”を先の先まで残しておくのに大切なことであるに違いない。

漁業の他に仕事をするのが難しい小さな島という立地条件が、そういったシステムを残す要因だったのかもしれない。

どんなに無尽蔵に魚がいると思っても、魚群探知機のようなもので短時間に効率よく収益を上げるような漁をしていたら、底をつくのも早い。
北の海では昔はどれだけでも取れていたハタハタ、ニシンはすっかり減ってしまったし、どこの海でも捕れていたイワシも然り。

日本人はエビが好物だからタイの浜辺のマングローブを養殖池にして、大量に飼育しては日本に送り込んだ。歴史に『もしも』は成り立たないのだけれど、エビ好きでなかったら、マングローブは切り開かれず津波の被害も随分違ったのかも。

『持続可能な』うんぬんという言葉だけは流行り廃りにしてほしくないと僕は思っている。企業や省庁の使うこの言葉もまだ理論だけが先行しているように思えるし、スローフードや食育なんてものもビジネスの喰いモノにされてしまったからね。

『持続可能』その本質は、昔からあった『掟』のようなものを掘り起こす現場の作業そのものなのかもしれない。
スポンサーサイト
たましい | トラックバック:0 | コメント:1
(2005/02/08(火) 10:01)

<<共に学ぶ社会 | ホーム | 寝かせ付ける>>

コメント
  私の知っている島
古代の読んで風土記にも登場するある種の海草が採れる小さな島があります。冬の間だけ、一人が採れる量を皆で守っています。私は密かに愛用していますが、他の誰にもその存在を語らないようにしています。風土記を読んで、この古い歴史に名を残す海草は一体何だと問う熱心な人があれば、答えることにしています。
URL | 菅原 #- | 2005/02/09(水) 22:59 [ 編集 ]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://nanoscribe.blog2.fc2.com/tb.php/23-3fe29a97


最近のエントリー

ツキを呼ぶ(11/29)
野生の肉を喰らふ(11/07)
炭の魔法(10/29)
想像(10/11)
今、とっても気になるもの(09/30)
生まれ変わる(01/11)
喰い物と心 ~ 次の世代は?(12/01)
日本の食は?(11/26)
蕎麦の収穫(11/22)
『スローフード』の先にあるものは(10/23)


最近のコメント

bali:Fukuoka CLASS(02/02)
nano:ツキもですが・・(11/29)
nano:ちゅりさんへ(11/09)
ちゅり:たぶん(11/09)
nano:わかりました?(11/08)
ちゅり:あのお方ですね!(11/08)
nano:ホント。(11/08)
空魚:おらした、おらした。(11/08)
nano:話しことばなので、(11/08)
nano:Re:月(10/05)


最近のトラックバック

粉をたくさん集めました:小麦粉を攻める(06/23)
占い辞典:太陰暦[占い辞典](03/18)
自分探しの心の旅:正義は勝つ?(11/12)
環境、防災研究所:環境ブログ トラックバック リンク集(10/20)
瓦版CARAVAN:バベルの妖怪、その4(10/17)


blogpeople
List Me! by BlogPeople
Copyright © 2004 耕す場所. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。