FC2ブログ


   耕す場所

   耕す畑がなければココロを耕そう。
  >> ホーム
  >> RSS
nanoscribe
Author:nanoscribe


境界領域に興味津々・・・・・学問と芸術、科学と精神世界、物質と精神、自然とテクノロジー、都市と農村などなど様々な境界を眺めてみたい。





カテゴリ
たましい(29)
てくのろじ(5)
里山の日々(9)
陰⇔陽(16)
未分類(3)
過去の記事
2006月11月 (2)
2006月10月 (2)
2006月09月 (1)
2006月01月 (1)
2005月12月 (1)
2005月11月 (2)
2005月10月 (3)
2005月09月 (3)
2005月08月 (3)
2005月07月 (2)
2005月06月 (6)
2005月04月 (7)
2005月03月 (1)
2005月02月 (9)
2005月01月 (13)
2004月12月 (6)
リンク
瓦版CARAVAN
みなとん里だより~山下惣一
アメリカン・カルチャーを知る  英語講座
食卓の向こう側
いなごBLOG
Natural Smile
ワタシと東京
David Byrne
キッチンからエコライフ
灰皿町みっちり8番 雑記録

・ワタシの生業
 竹炭工房 和仁
 ダンボールコンポスト

・薪ストーブ屋さん
 DLD Inc.


管理者ページ
サイト内検索
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
(--/--/--(--) --:--)

  歯止め
遺伝子操作・クローン技術・人工授精・・一体誰が始めたのかなんて興味はないけど、このあたりはすでにもう負の遺産になっている気がする。クスリを開発する程度ならまだ良かった。しかし、典型的な唯物論の上に立った『生命は全て物質から出来上がっている』という見解しか持たない科学者のアタマは果たして正常か?

このあたりは多分”生命倫理なんとか委員会”のようなものが存在して発言するんだろうけど、勢力としてあまりにも弱いと感じてならないョ。おおよそ歯止めが効いてるとは思えないから。多分こんな技術も科学至上主義で生まれた副産物だと思うけど、観念論よりもデータの方が力が強いんでしょうな。

クローン羊ドリーの話を思い出して欲しい。クローンで生まれた家畜のほとんどは訳のわからない病気で死んでいる。まともに生命を全うしたものはほとんど皆無ではないだろうか?

以下は僕が学生時代に学んだ知識です。わかりやすいように説明すると”遺伝子には時計のようなプログラムがあり、受精してから昆虫などは脱皮・変態などの変化つまり老化のプロセスが進む。逆戻り・リセット無し。”

つまり、クローンの場合、親の細胞からムリヤリ新しい命を作ってもすでに時計のスイッチは入っているので止められないって事。早死にするのは当たり前。

その肉を食べてどうなるか?なん~て事は消費者を使った人体実験でしか結果は出ないでしょう。ましてクローン人間なんてまともな人間に育つようには考えられないな。

近いうちに遺伝子組み換え作物は日本でも家庭の食卓に上るでしょう。
作物の次にどの分野で組み換えOKになってしまうのか、どこで歯止めをするのか?
・・と思っていたら全く歯止めのかからない、かの国のクローンに関する記事。
5万ドルでクローン猫 米でペットの「コピー」販売 - asahi.com

人間の魂・命・意識・霊性というものの本質を見極めないと、こんな話もどんどん進んでしまう事でしょう。想像するだけでつまらない未来だな。人間の場合、お母さんのお腹にいるときの記憶、あるいは受精の瞬間を見ていたといった『胎内記憶』の調査結果が出ています。それは子宮の中の様子だけではなくて、両親の話している内容の記憶だったり、楽しいとか淋しいとかいった感情も含んだものも含まれます。もちろん成長の過程で忘れるようになっているんですが、それにしてもまだ脳が未発達・目が見えない・言葉を理解できないと思われる時点で、一体誰が見て・聞いているのか?意識とは?・・現在この疑問に答えられる科学が存在するでしょうか?
残念ながら、現代の科学は『なぜ』『どうして』という素朴な疑問に全て答えられる成熟したものではありません。

そんな中で、かつてちゃんと歯止めをかけた一国の首長がいたんですね。
瓦版CARAVAN「難解です。」
実験するかどうか?こういった判断が個人に迫られている時代です。もっとも、判断しないようにする方が上に立つものとしてはやりやすい。
スポンサーサイト
陰⇔陽 | トラックバック:0 | コメント:0
(2004/12/24(金) 09:40)

<<食べ物とココロの関係 | ホーム | ゆとり教育>>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://nanoscribe.blog2.fc2.com/tb.php/2-75e1e640


最近のエントリー

ツキを呼ぶ(11/29)
野生の肉を喰らふ(11/07)
炭の魔法(10/29)
想像(10/11)
今、とっても気になるもの(09/30)
生まれ変わる(01/11)
喰い物と心 ~ 次の世代は?(12/01)
日本の食は?(11/26)
蕎麦の収穫(11/22)
『スローフード』の先にあるものは(10/23)


最近のコメント

bali:Fukuoka CLASS(02/02)
nano:ツキもですが・・(11/29)
nano:ちゅりさんへ(11/09)
ちゅり:たぶん(11/09)
nano:わかりました?(11/08)
ちゅり:あのお方ですね!(11/08)
nano:ホント。(11/08)
空魚:おらした、おらした。(11/08)
nano:話しことばなので、(11/08)
nano:Re:月(10/05)


最近のトラックバック

粉をたくさん集めました:小麦粉を攻める(06/23)
占い辞典:太陰暦[占い辞典](03/18)
自分探しの心の旅:正義は勝つ?(11/12)
環境、防災研究所:環境ブログ トラックバック リンク集(10/20)
瓦版CARAVAN:バベルの妖怪、その4(10/17)


blogpeople
List Me! by BlogPeople
Copyright © 2004 耕す場所. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。