FC2ブログ


   耕す場所

   耕す畑がなければココロを耕そう。
  >> ホーム
  >> RSS
nanoscribe
Author:nanoscribe


境界領域に興味津々・・・・・学問と芸術、科学と精神世界、物質と精神、自然とテクノロジー、都市と農村などなど様々な境界を眺めてみたい。





カテゴリ
たましい(29)
てくのろじ(5)
里山の日々(9)
陰⇔陽(16)
未分類(3)
過去の記事
2006月11月 (2)
2006月10月 (2)
2006月09月 (1)
2006月01月 (1)
2005月12月 (1)
2005月11月 (2)
2005月10月 (3)
2005月09月 (3)
2005月08月 (3)
2005月07月 (2)
2005月06月 (6)
2005月04月 (7)
2005月03月 (1)
2005月02月 (9)
2005月01月 (13)
2004月12月 (6)
リンク
瓦版CARAVAN
みなとん里だより~山下惣一
アメリカン・カルチャーを知る  英語講座
食卓の向こう側
いなごBLOG
Natural Smile
ワタシと東京
David Byrne
キッチンからエコライフ
灰皿町みっちり8番 雑記録

・ワタシの生業
 竹炭工房 和仁
 ダンボールコンポスト

・薪ストーブ屋さん
 DLD Inc.


管理者ページ
サイト内検索
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
(--/--/--(--) --:--)

  かつて涅槃・・・
という意味の名を持つロックバンドがいました。Nirvana(ニルヴァーナ) 90年代を代表するやたら重厚で陰鬱なサウンドで、

その後、この音に追随するバンドが沢山出てきた記憶があります。グランジ・シアトル系・オルタナティヴ・・・さまざまなジャンル名が付けられたのも彼らのカリスマ性だったのでしょう。


歌詞もまたちっとも明るさがなくて、何度もおなじフレーズをリピートするのが印象的でした。今でも多くのミュージシャンが多大な影響を受けたとコメントしていますね。

ジミヘンやシド・ビシャスと同様に、看板のカート・コバーンもドラッグ過多でその後自殺。まさにロックの王道を行った一人でした。

人気絶頂の頃に彼が吐いた言葉が

「偶像崇拝はやめろ。」

徹底してましたね。もちろんその頃の彼の心境は勝手に推測するしかないですが、「売れる」楽曲の提供と自分の表現の狭間でかなり悩んでいたのでしょう。

強烈なカリスマ性で涅槃という名の許で生死をさまようまでに悩んだ挙句の自殺は、果たして彼自身に涅槃をもたらしたのだろうか?

まさに禅問答そのもののような人生ですね。その上彼の言う偶像の対象が”仏像”ではなくて生身の人間だったのだから。

Nirvana
スポンサーサイト
陰⇔陽 | トラックバック:0 | コメント:2
(2005/01/14(金) 21:48)

<<『カンガルーケア』の到来 | ホーム | たまがる>>

コメント
  涅槃もいいですが
あまり人生を深刻に捉えるのもなんですね
欧米のミュージシャンは一度ヒットしてしまうと、後に繋げる作品に関して悩むと言うパターンに陥る人が多いと聞きます。なんせ日本とは桁違いに稼ぎますからね、ピンク・フロイドじゃないですが、2年に一枚アルバムをだしてもファンの方でジッと待っていてくれるようなアーティストなら気も楽だったでしょうに....^^
URL | 彩木 翔 #- | 2005/01/17(月) 13:02 [ 編集 ]

  個人的には
あの音が好きだったので、もったいなかったなぁと思います。突然頂点に立たされて”もっと・早く”と催促されて重圧がかかるんでしょうね。仰るとおり、さんざん待たせて”出ました~”って感じで良いと思うんですけどね~。


URL | nanoscribe #T.4xf0L6 | 2005/01/18(火) 05:27 [ 編集 ]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://nanoscribe.blog2.fc2.com/tb.php/13-935e3ac7


最近のエントリー

ツキを呼ぶ(11/29)
野生の肉を喰らふ(11/07)
炭の魔法(10/29)
想像(10/11)
今、とっても気になるもの(09/30)
生まれ変わる(01/11)
喰い物と心 ~ 次の世代は?(12/01)
日本の食は?(11/26)
蕎麦の収穫(11/22)
『スローフード』の先にあるものは(10/23)


最近のコメント

bali:Fukuoka CLASS(02/02)
nano:ツキもですが・・(11/29)
nano:ちゅりさんへ(11/09)
ちゅり:たぶん(11/09)
nano:わかりました?(11/08)
ちゅり:あのお方ですね!(11/08)
nano:ホント。(11/08)
空魚:おらした、おらした。(11/08)
nano:話しことばなので、(11/08)
nano:Re:月(10/05)


最近のトラックバック

粉をたくさん集めました:小麦粉を攻める(06/23)
占い辞典:太陰暦[占い辞典](03/18)
自分探しの心の旅:正義は勝つ?(11/12)
環境、防災研究所:環境ブログ トラックバック リンク集(10/20)
瓦版CARAVAN:バベルの妖怪、その4(10/17)


blogpeople
List Me! by BlogPeople
Copyright © 2004 耕す場所. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。